条項

利用規約

以下の文書は、MAKE.IDウェブサイトの利用規約を概説しています。 MAKE.IDサービスのいずれかを使用する前に、これらの条件を読み、理解し、同意する必要があります。 右側の列には使用条件の簡単な説明があり、法的拘束力はありません。


1。 一般規定

(1)エンド・コンシューマーおよびビジネス・クライアントの両方は、現行の契約条件によってクライアントとみなされます。

(2)これらの利用規約は、クライアントとwww.make.idの間のビジネス関係全体に適用されます。 彼らは、明示的に再度合意されていなくても、将来のすべてのビジネス関係について事業主に適用されます。 契約時のバージョンが適用され、有効です。

基本的に、 これらの用語は、ここで当社サービスのすべての行為を規制します。


2。 製品

(1)提供される製品は、実際にはサンプルであるグラフィックや印刷物の「カード」、または公開されていない可能性のある新規性です。 彼らは正式な地位を持っておらず、正式な書類もありません。 また、所有者にいかなる権利または特権も譲渡しません。 カード自体は何らかの証拠とは見なされません。

(2)カードは公式ではなく、コピー/偽造品としても、既存の元の公式カードのようにプロセスの使用や実験のために作られたものでもありません。

(3)このカードの不正使用は、不正確な表現、詐欺、公的またはその他の虐待の結果として生じた場合でも、違法です。 これらのノベルティカードの元の買収目的以外の何かを行うことに決めた場合は、法律を傷つける可能性があることに気づく必要があります。

基本的に、 私たちは素晴らしい製品を持っていますが、そのような公式のステータスはありません。


3。 クライアントの義務

(1)MAKE.IDは、これらのカードの使用に起因するいかなる(直接的、間接的、偶発的、特別な、典型的、必然的)損失または損害に対して一切責任を負いません。 疑義が生じた場合、顧客はすべての損害および第三者の債務を補償する。

(2)私たちと一緒にカードを購入する前に、あらかじめ作成されたカードテンプレートの所有と使用が希望される地域で許可されていることを確認するのはクライアントの責任です。 事前に作成されたカードを購入すると、クライアントは、このカードの所有が対応する国、企業、または組織で許可されていることを確認します。

(3)虚偽の不正な情報の開示は違法かもしれません。 主に、これは、何らかの違法な目的のために、(偽の情報であっても)年齢や身分証明の証拠としてMAKE.IDカードを使用することを意味します。

基本的に、 これらのあらかじめ作成されたテンプレートを使用できることを、あなたの地域や組織内で確認する必要があります。


4。 契約締結

(1)このオンラインショップに記載されている製品とサービスは、拘束力のある提供とはなりません。 それはむしろオーダーを置くことによってMAKE.IDへのバインディングオファーを提出するためのクライアントへの招待です。

(2)注文処理の終了時に注文データを提出することにより、顧客は仮想ショッピングカートwww.make.id内のアイテムのバインディング注文を行い、注文の受領を直ちに確認する。 この受取確認は、注文受諾を構成するものではありません。 しかし、それは合意の宣言と関連しているかもしれない。

(3)www.make.idは、受領後7営業日以内にクライアントの契約オファー(注文)を受け入れる権利があります。 受諾は、明示的なコミュニケーションまたは商品の配送によって宣言することができます。

(4)www.make.idは、注文を家計量に制限する権利があります。 さらに、顧客に合理的な範囲で、内容、形、色などの変更が可能です。

(5)最終契約は、サプライヤによる不正確または不適切な納品の場合には、部分的または部分的な納品の対象となります。つまり、www.make.idはいかなるリスクも想定していません。 本利用規約の§9に基づく意図および過失の責任は、影響を受けません。 利用できない場合やサービスの一部しか利用できない場合、www.make.idはすぐにお客様に通知します。 お客様からの撤回の場合、既にサービスが開始されていない場合は、既に支払済の払い戻しが即座に払い戻されます。

基本的に、 あなたは堅い発注をしています。 あなたのカードが生産されたら、払い戻しはできません。


5。 引退

(1)一般的に、消費者は購入した商品の引き出し権を持つ権利があります。 しかし、この場合、§312 d para。 4 BGB(ドイツ民法)は、顧客の仕様に従って生産され、個人のニーズに合わせて作られた商品の引渡しに関するものであるため、引き出しの権利は適用されません。

基本的に、 カスタマイズされたカードを再販することはできないため、納品された注文を引き出すことはできません。


6。 価格と出荷

(1)オンラインショップに記載されているすべての料金は、総額です。 彼らはすでにすべての価格構成要素、特に売上税を含んでいます。

(2)別段の合意がない限り、価格には梱包、貨物、郵便料金または保険は含まれません。 したがって、注文した製品を出荷するには、追加の送料がかかる可能性があります。 クライアントには明示的に通知されます。

基本的に、 隠された余分な費用はなく、あなたは注文する前にすべての最終価格を見るでしょう。


7。 配送ポリシー

(1)例外が明示的に合意されていない限り、商品は先払いの後にのみ配送されます。つまり、配送は支払いが行われた後にのみ行われます。

(2)お客様に合理的である場合、部分的な納品は許可されます。

(3)事業者にとって、偶発的な損失や偶発的な劣化の危険性があります。物品を適切な輸送人に渡す。 消費者にとって、偶発的な損失や販売された偶発的な悪化のリスクは、顧客が不履行にあっても、消費者への商品の引き渡しを常に伴います。

基本的に、 我々は、支払いの受領直後にすべての製品を出荷します。


8。 支払い

(1)銀行振込または現金支払いによる支払いの場合は、通知された銀行口座に氏名と目的/注文番号を提出する必要があります。

(2)クライアントは、彼の反訴がwww.make.idによって合法的に確立された場合、または相殺された場合にのみ相殺する権利を与えられます。 反訴が同じ契約に基づいている場合にのみ、クライアントは保持権を行使することができます。

基本的に、 銀行振込の支払いを適切に割り当てるには、注文番号を提出する必要があります。


9。 タイトルの保持

(1)消費者にとって、www.make.idは、購入価格の全額が支払われるまで、販売された商品(条件付き商品)の所有権を保持します。 企業にとって、www.make.idは、進行中のビジネス関係からのすべての請求を完全に支払うことを主張しています。

(2)顧客は、タイトルの保持中に品物を慎重に扱う義務があります。

(3)タイトルの保持期間中、顧客は販売者に商品の第三者によるアクセス(例えば発作の場合)を許可し、商品の損傷または破壊について販売者に通知し、すべての情報を提供する義務があります所有者の権利を保護するために必要とされる文書。 執行役員または第三者には、外国人の所有権について通知する必要があります。 顧客は、商品の所有権の変更および居住の変更について通知する必要があります。

(4)お客様の契約違反、特に支払不履行、または本条項(2)および(3)に基づく義務違反の場合、www.make.idは契約を解除する権利があります。商品を回収する。

基本的に、 支払いが失敗した場合、納品されたアイテムを回収することができます。


10。 保証と保証

(1)ウェブサイト上の各製品の単なる提示は、純粋なサービスの記述と見なされるものではなく、決して製品の品質を保証するものではありません。 メーカーの保証など、第三者による保証の陳述は影響を受けません。

(2)法定規定に基づき、顧客は、納入品に欠陥がある場合にのみ、次の履行を請求することができます。 顧客は、次の履行が修理または交換のいずれかによって行われるかどうかの選択権を有する。 しかし、www.make.idは、他のタイプの救済策が顧客に重大な不利益をもたらすことなく、不均衡な費用がかかる場合には履行の種類を拒絶する権利があります。

(3)お客様は、現在の欠陥を直接削除することも、第三者が削除することもできません(自己パフォーマンス)。 発生した費用は払い戻されません。

(4)後続のパフォーマンスが損なわれた場合、顧客は法的規定に従って、報酬(減額)を減らし、契約を取り消し(取消し)、補償を要求するか、または経費を払い戻すことができます。 顧客が補償請求を無駄にすることを要求した場合、本利用規約のセクション9の責任制限が適用されます。

(5)購入商品の欠陥に起因する顧客の権利の制限期間は、消費者および企業のための商品の納品から1年までの納品から2年間です。 www.make.idが本規約のセクション9の下で責任を負わないか、または納品品の譲渡が必要となる可能性のある第三者の実際の権利を意味する場合を除き、これらの納期への関連制限は適用されません。

基本的に、 誤って紛失した商品をお送りした場合は交換させていただきます。 しかし、あなた自身でそれを傷つけるときはありません。


11。 負債

(1)法的要件のためwww.make.idは、それに基づく意図的または過失の義務違反、その法定代理人またはそのアシスタントおよびその他の損害賠償に基づく生命、四肢または健康障害に起因する損害について、完全に責任を負います。その法定代理人または代理人による意図的または重大な過失の義務および不正の意図違反。 さらに、www.make.idは、ドイツの製造物責任法などの拘束力のある法的規定に基づいて責任が負う損害について、完全な責任を負います。

(2)www.make.idは、過失が契約目的の履行が特に重要である契約上の義務違反(基本的義務)に関する限り、単純過失による損害に対して責任を負います。 負債は予測可能な典型的な直接的な平均損害に限定されている。

(3)軽微な契約上の義務違反を軽微に怠った場合www.make.idは企業に対して責任を負いません。 このような場合の責任は予測可能な典型的な直接平均損害に限られています。

(4)主張された請求の法的性質にかかわらず、それ以上の責任は除外されます。

基本的に、 私たちは、あなたが私たちの製品を使って何をしても責任を負いません。


12。 最終規定

(1)ドイツ連邦共和国の法律が適用されます。 職業上または商業上の目的で契約を締結しない消費者にとって、この法律の選択は、消費者が常習的に居住している国の法律の強制的な規定によって、付与された保護が撤回されない限り有効です。

(2)国際物品売買契約に関する国連条約(CISG)の規定は適用されないものとする。

(3)これらの契約条件を含むクライアントとの契約条項の全部または一部が無効である場合、または契約にギャップがある場合、これは残りの条項の有効性に影響しません。 そのような場合には、当事者は、効果的な引当金の全部または部分的に無効な引当金を取り替えることを約束します。

(4)この契約から生じるすべての紛争の管轄地はハンブルクです。

基本的に、 いかなる法的問題も、ドイツの法律に基づいて処理される可能性があります。





これらの利用規約は、8月01、2017の時点で有効です。