プライバシーポリシー(GDPR)

私たちはあなたの個人情報の使用があなたにとってどれほど重要であるかを知っており、プライバシーを非常に真剣に受け止めています。 www.make.idウェブサイトをご覧いただくと、当社のプライバシーポリシーに同意することになります。

 

基本

個人情報(敬称、名前、住所、Eメールアドレス、電話番号、銀行詳細、クレジットカード番号など)は、ドイツのデータ保護法の規定に従ってのみ処理されます。 次の規則は、個人データの収集、処理および使用の性質、範囲および目的についてお客様に通知します。 このプライバシーポリシーは、当社のウェブサイトにのみ適用されます。 弊社のページのリンクを介して他のページに転送された場合は、それぞれのデータの取り扱いについてご連絡ください。

 

I.      責任者の氏名と住所

基本的なデータ保護規則および加盟国のその他の国家データ保護法、その他のデータ保護規則の意味で責任を負う者は、次のとおりです。

 

Firma N. Shahsiah著カードデザインスタジオ

Poelchaukamp 12

22301ハンブルク

ドイツ

電話:040 22611462

Eメール:info@make.id

ウェブサイト:www.make.id

 

II。    データ保護担当者の名前と住所

データ保護を担当しているのはN. Shahsiah氏の会社です。

 

III。    データ処理に関する一般的な情報

1。    個人データの処理範囲

原則として、私たちは機能的なウェブサイトと私たちのコンテンツとサービスの提供に必要な範囲でのみ、ユーザーの個人情報を収集し使用します。 ユーザーの個人データの収集と使用は、ユーザーの同意を得てのみ定期的に行われます。 実際の理由により事前の同意が得られず、データの処理が法律で許可されている場合は、例外が適用されます。

 

2。    個人データ処理の法的根拠

個人データの処理に関するデータ主体の同意を得る限り、Art。 6 para。 1が点灯します。 個人データの処理の法的根拠としてのEU一般データ保護規制(GDPR)。

データ主体が当事者である契約の履行に必要な個人データの処理において、 6 para。 1が点灯します。 b法的根拠としてのGDPR。 これは、契約前の措置を実行するために必要な処理操作にも適用されます。

当社の対象となる法的義務を履行するために個人データの処理が必要とされる限り、Art。 6 para。 1が点灯します。 c法的根拠としてのGDPR。

データ主体または他の自然人の重要な利益が個人データの処理を必要とする場合、 6 para。 1が点灯します。 d法的根拠としてGDPR。

弊社または第三者の正当な利益を守るために処理が必要な場合、データ主題の利益、基本的権利および自由が最初の利益よりも勝っていない場合は、 6 para。 1が点灯します。 f処理の法的根拠としてのGDPR。

 

3。    データの削除と保存期間

ストレージの目的が削除されるとすぐに、データサブジェクトの個人データが削除またはブロックされます。 さらに、そのような保管は、EU規制、法律、または規制当局が対象とするその他の規制において、欧州または国内の立法者によって提供された場合に行われることがあります。 データの遮断または削除は、契約の締結または契約の履行のためにデータをさらに格納する必要がない限り、前述の基準で規定された保管期間が満了したときにも行われます。

 

IV。  ウェブサイトの提供とログファイルの作成

 

1。    データ処理の説明と範囲

私たちのウェブサイトにアクセスするたびに、私たちのシステムは呼び出し元のコンピュータのコンピュータシステムからデータと情報を自動的に収集します。

ここでは、次のデータが収集されます。

 

  • 使用されているブラウザの種類とバージョンに関する情報
  • ユーザーのオペレーティングシステム
  • ユーザのインターネットサービスプロバイダ
  • ユーザーのIPアドレス
  • アクセス日時
  • ユーザのシステムが当社のウェブサイトに来るウェブサイト
  • 当社Webサイトを通じてユーザーのシステムによってアクセスされるWebサイト

 

データは、システムのログファイルにも保存されます。 このデータをユーザの他の個人データと共に記憶することは行われない。

 

2。    データ処理の法的根拠

データとログファイルの一時的な保管の法的根拠はArtです。 6 para。 1が点灯します。 f GDPR。

 

3。    データ処理の目的

システムによるIPアドレスの一時的な記憶は、ウェブサイトをユーザのコンピュータに配信することを可能にするために必要である。 これを行うには、セッションの期間中、ユーザーのIPアドレスを保持する必要があります。

 

 

ログファイルの保存は、Webサイトの機能を確実にするために行われます。 さらに、このデータはウェブサイトを最適化し、情報技術システムのセキュリティを確保するために使用されます。 この文脈では、マーケティング目的のためのデータの評価は行われません。

 

これらの目的のために、Art。 6 para。 1が点灯します。 f GDPR。

 

4。    保管期間

データは収集の目的で不要になった時点で削除されます。 ウェブサイトを提供するためのデータを収集する場合、これはそれぞれのセッションが完了した場合である。

 

ログファイルにデータを格納する場合、これは7日以内に行われます。 追加の保管が可能です。 この場合、ユーザのIPアドレスは削除または疎外されるので、呼び出し側クライアントの割り当てはもはや不可能である。

 

5。    異議と除去可能性

ウェブサイトの提供およびログファイルへのデータの保管のためのデータの収集は、ウェブサイトの運用に不可欠です。 その結果、ユーザ側で矛盾は生じない。

 

V.    クッキーの使用

 

  1. a)データ処理の説明と範囲

当社のウェブサイトはクッキーを使用 クッキーは、インターネットブラウザまたはユーザのコンピュータシステムのインターネットブラウザに保存されたテキストファイルです。 ユーザーがウェブサイトにアクセスすると、ユーザーのオペレーティングシステムにCookieが保存されます。 このクッキーには、Webサイトを再オープンしたときにブラウザを一意に識別できるようにする特性文字列が含まれています。

 

私たちは、ウェブサイトをより使いやすくするためにクッキーを使用しています。 当社のウェブサイトの一部の要素では、改ページした後でも呼び出し元のブラウザを識別する必要があります。

以下のデータが保存され、クッキーに送信されます。

 

(1)  言語設定

(2)  ショッピングカートのアイテム

(3)  ログイン情報

さらに、私たちはウェブサイト上でユーザーのブラウジング動作を分析できるクッキーを使用しています。

このようにして、以下のデータを送信することができます。

(1)  入力した検索語

(2)  ページビューの頻度

(3)  ウェブサイト機能の使用

 

このようにして収集されたユーザーのデータは、技術上の予防措置によって仮名になっています。 したがって、発呼ユーザへのデータの割り当てはもはや不可能である。 データは、ユーザーの他の個人データと共に保存されません。

弊社のウェブサイトにアクセスする際には、分析の目的でクッキーを使用することについての情報バナーでユーザーに通知し、このプライバシーポリシーを参照します。 この文脈では、ブラウザ設定におけるクッキーの記憶がいかに防止され得るかについての示唆もある。

 

  1. b)データ処理の法的根拠

クッキーを使用して個人データを処理するための法的根拠は、第6条(1)が点灯していることです。 f GDPR。

 

  1. c)データ処理の目的

技術的に必要なクッキーを使用する目的は、ユーザーのためのウェブサイトの使用を容易にすることです。 当社ウェブサイトの一部の機能は、クッキーを使用せずに提供することはできません。 これらのためには、改ページしてもブラウザが認識される必要があります。

以下のアプリケーションにはクッキーが必要です。

(1)  ショッピングカート

(2)  言語設定の採用

(3)  キーワードを記憶する

技術的に必要なクッキーによって収集されたユーザーデータは、ユーザープロファイルの作成には使用されません。

分析クッキーの使用は、当社のウェブサイトとその内容の質を向上させることを目的としています。 分析クッキーを通じて、ウェブサイトの使用方法を学び、検索用語、ページビューの頻度、ウェブサイト機能の使用など、常にオファーを最適化することができます。

これらの目的のために、アートに基づく個人データの処理に対する当社の正当な関心は、 6 para。 1が点灯します。 f GDPR。

 

  1. e)保管期間、異議申し立ておよび処分オプションの期間

クッキーはユーザーのコンピュータに保存され、私たちの側でこれによって送信されます。 したがって、ユーザーはCookieの使用を完全に制御できます。 インターネットブラウザの設定を変更することで、Cookieの送信を無効にしたり制限したりすることができます。 すでに保存されているクッキーはいつでも削除することができます。 これは自動的に行うこともできます。 弊社のウェブサイトでクッキーが無効になっている場合、ウェブサイトのすべての機能を完全に使用することはできません。

Flash Cookieの送信は、ブラウザの設定ではなく、Flash Playerの設定を変更することで防止できます。

 

2。 アプリケーションおよびアプリケーションプロセスにおけるデータ保護

コントローラは、申請プロセスを処理する目的で、申請者の個人データを収集して処理します。 処理は電子的に行うこともできます。 これは、申請者が対応する申請書類を電子的手段、例えば電子メールまたはウェブサイト上で利用可能なウェブ書式によってコントローラに提出する場合に特に当てはまる。 コントローラが申請者との雇用契約を締結した場合、送信されたデータは、法律に従って雇用関係のために保存されます。 コントローラと候補者との雇用契約が締結されていない場合、たとえば、却下決定の通知から2ヶ月後に申請書類が自動的に削除されます。ただし、削除はコントローラの他の正当な利益と矛盾しません。 この意味における他の正当な関心、例えば一般均等法(AGG)に基づく手続における証拠の負担など。

 

 

3。 Googleアナリティクスの使用と使用に関するプライバシーポリシー(匿名化機能付き)

コントローラは、このウェブサイトにコンポーネントGoogle Analytics(匿名化機能付き)を統合しています。 Googleアナリティクスはウェブ解析サービスです。 ウェブ分析は、ウェブサイトへの訪問者の行動に関するデータの収集、収集、分析である。 とりわけ、ウェブ分析サービスは、ウェブサイトのサブページにアクセスされたウェブサイト(いわゆるリファラー)に遭遇したウェブサイトまたはサブページがどのくらいの頻度でどの滞在期間にわたって閲覧されたかに関するデータを収集する。 ウェブ分析は、主にインターネット広告のウェブサイトおよび費用便益分析を最適化するために使用されます。

 

Googleアナリティクスコンポーネントの運営会社は、Google Inc、1600 Amphitheater Pkwy、Mountain View、CA 94043-1351、USAです。

 

コントローラは、Googleアナリティクスを介してWebアナリティクスに「_gat._anonymizeIp」という追加情報を使用します。 この補遺を使用することにより、ウェブサイトへのアクセスが欧州連合加盟国または他の締約国から欧州連合へのアクセスである場合、データサブジェクトのインターネットアクセスのIPアドレスは短縮され、匿名化されます経済圏。

 

Googleアナリティクスコンポーネントの目的は、ウェブサイトの訪問者フローを分析することです。 とりわけ、Googleは、取得したデータおよび情報を使用して、ウェブサイトの使用状況を評価し、当社のウェブサイト上の活動を示すオンラインレポートを作成し、ウェブサイトの使用に関連するその他のサービスを提供します。

 

Googleアナリティクスは、関係者の情報技術システム上でCookieを使用します。 クッキーが何であるかは、すでに上で説明した通りです。 このCookieを使用することにより、Googleはウェブサイトの使用状況を分析することができます。 このウェブサイトのページの1つがコントローラによってアクセスされ、Googleアナリティクスコンポーネントが統合されるたびに、関連する情報技術システム上のインターネットブラウザがそれぞれのGoogleアナリティクスコンポーネントによって自動的に開始されます。オンライン分析の目的。 この技術的なプロセスの過程でGoogleは、Googleが使用している、関係者のIPアドレスなどの個人情報に関する知識を、

 

クッキーは、アクセス時間、アクセスが行われた場所、データ主体によるサイト訪問の頻度などの個人を特定できる情報を格納します。 お客様が当社のウェブサイトにアクセスするたびに、データ主体が使用するインターネット接続のIPアドレスを含むお客様の個人情報は、米国内のGoogleに転送されます。 この個人情報は、Googleが米国内に保存します。 Googleは、技術プロセスを通じて収集した個人情報を第三者に譲渡することがあります。

 

影響を受けた人は、上記のように、使用されているインターネットブラウザの対応する設定によっていつでも弊社のウェブサイトを通じてクッキーの設定を禁止することができ、したがってクッキーの設定に永続的に矛盾します。 このようなインターネットブラウザの設定は、Googleが関係者の情報技術システム上にクッキーを設定することを妨げることにもなります。 また、Googleアナリティクスで既に設定されているCookieは、インターネットブラウザやその他のソフトウェアプログラムからいつでも削除することができます。

 

さらに、データ主体は、このウェブサイトの使用およびGoogleによるこのデータの処理のために、Googleアナリティクスによって生成されたデータの収集を拒否し、防止するオプションを有しています。 これを行うには、https://tools.google.com/dlpage/gaoptoutでブラウザのアドオンをダウンロードしてインストールする必要があります。 このブラウザアドオンは、JavaScriptを介してGoogleアナリティクスに通知し、ウェブサイト訪問に関するデータや情報がGoogleアナリティクスに送信されない可能性があることを示します。 ブラウザアドオンのインストールは、Googleによって矛盾とみなされます。 データサブジェクトの情報技術システムが削除、フォーマット、または後で再インストールされた場合、その影響を受けたユーザーはブラウザアドオンを再インストールしてGoogleアナリティクスを無効にする必要があります。 ブラウザアドオンがアンインストールされているか、データ主体または管理下の他の人によってアンインストールされている場合は、ブラウザアドオンを再インストールまたは再起動することができます。 Googleの詳細情報とプライバシーポリシーについては、https://www.google.com/intl/ja/policies/privacy/、http://www.google.com/analytics/terms/en.htmlをご覧ください。 。 Googleアナリティクスの詳細については、次のURLをご覧ください:https://www.google.com/intl/de_de/analytics/ それらの電源ドメインに起因する可能性がありますが、アンインストールまたは非アクティブ化、ブラウザアドオンを再インストールまたは再起動する可能性があります。 詳しい情報とGoogleのプライバシーポリシーについては、次のURLをご覧ください:https://www.google.com/intl/ja/presources/ privacy /およびhttp://www.google.com/analytics/terms/en.html Googleアナリティクスの詳細については、次のURLをご覧ください:https://www.google.com/intl/de_de/analytics/ それらの電源ドメインに起因する可能性がありますが、アンインストールまたは非アクティブ化、ブラウザアドオンを再インストールまたは再起動する可能性があります。 詳しい情報とGoogleのプライバシーポリシーについては、次のURLをご覧ください:https://www.google.com/intl/ja/presources/ privacy /およびhttp://www.google.com/analytics/terms/en.html Googleアナリティクスの詳細については、次のURLをご覧ください:https://www.google.com/intl/de_de/analytics/

 

 

4。 Facebookの使用と使用に関するプライバシーポリシー

コントローラは、このウェブサイトにFacebook Facebookのコンポーネントを統合しています。 Facebookはソーシャルネットワークです。

 

ソーシャルネットワークは、インターネットベースのソーシャルミーティング場であり、一般的にユーザーが相互に通信したり、仮想空間で対話することを可能にします。 ソーシャルネットワークは、意見や経験を交換するためのプラットフォームとして機能し、インターネットコミュニティに個人情報やビジネス情報を提供させることができます。 Facebookは、ソーシャルネットワークのユーザーがプライベートプロファイルを作成したり、写真をアップロードしたり、友だちのリクエストを通じて交流することができます。

 

Facebookの運営会社はFacebook、Inc.、1 Hacker Way、Menlo Park、CA 94025、USAです。 影響を受ける人が米国またはカナダ国外に居住する場合は、Facebook Ireland Ltd.、4 Grand Canal Square、Grand Canal Harbour、ダブリン2、アイルランドが個人情報の処理責任者です。

コントローラによって操作され、Facebookコンポーネント(Facebookプラグイン)が統合されたこのウェブサイトの個々のページの1つを訪問するたびに、関係者の情報技術システム上のインターネットブラウザが、 Facebookコンポーネントは、Facebookの対応するFacebookコンポーネントの表現をダウンロードさせます。 すべてのFacebookプラグインの概要はhttps://developers.facebook.com/docs/plugins/?locale=en_USにあります。 この技術的プロセスの一環として、Facebookは、当社のウェブサイトの特定の下側が関係者によって訪問されたことに関する情報を受け取ります。

データの件名がFacebookに同時にログインしている場合、Facebookはデータ件名ごとに当社のウェブサイトを訪問するたびに、当社のウェブサイトのそれぞれの滞在中、データ主体が訪れるウェブサイトの特定の下面に認識します。 この情報はFacebookコンポーネントを通じて収集され、Facebookによってデータ主体のそれぞれのFacebookアカウントに割り当てられます。 関係者が当社のウェブサイトに統合されたFacebookボタンの1つ、例えば「好き」ボタンを起動する場合、または関係者がコメントをした場合、Facebookは関係者の個人的なFacebookユーザーアカウントにこの情報を割り当て、データ、

 

Facebookは、当社のウェブサイトへのアクセスと同時にFacebookにログインした場合、データ主体がGoogleのウェブサイトを訪問したというFacebookコンポーネントを介した情報を常に受け​​取ります。 これは、人がFacebookコンポーネントをクリックしたかどうかにかかわらず発生します。 このような情報のFacebookへの転送がデータ主体によって望まれない場合、Googleのウェブサイトを呼び出す前にFacebookアカウントからログアウトして転送を防止することができます。

 

Facebookが発行するデータポリシー(https://de-de.facebook.com/about/privacy/)は、Facebookによる個人データの収集、処理、使用に関する情報を提供します。 Facebookがデータ主題のプライバシーを保護するために提供するオプションについても説明しています。 さらに、さまざまなアプリケーションが利用可能で、Facebookへのデータ送信を抑制することができます。 このようなアプリケーションは、データ主体がFacebookへのデータ送信を抑制するために使用できます。

 

 

5。 Twitterからのソーシャルプラグイン

Twitterの795 Folsom St、Suite 600、San Francisco、CA 94107が運営しているtwitter.comのいわゆる「ソーシャルプラグイン」を、Twitterやリツイート機能とともに使用しています。 リツイート機能を使用すると、訪問したウェブサイトが第三者に発表され、Twitterアカウントに接続されます。 Twitterがあなたのデータ、あなたの権利、およびあなたの個人情報を保護する方法を扱う方法の詳細については、Twitterのプライバシーポリシーを参照してください:http://twitter.com/privacy

 

 

6。 Facebookリマーケティング/リターゲティング

私たちのページには、Facebookソーシャルネットワークの1601 South California Ave.、Palo Alto、CA 94304、USAのリマーケティングタグが含まれています。 Googleのページにアクセスすると、リマーケティングタグによって、ブラウザとFacebookサーバーが直接接続されます。 FacebookはあなたのIPアドレスで私たちのサイトを訪問したという情報を受け取ります。 その結果、Facebookはあなたのユーザーアカウントに私たちのページへの訪問を割り当てることができます。 この情報をFacebook広告の表示に使用することができます。 私たちは、ページの提供者として、送信されたデータの内容とFacebookによるその使用を認識していないことを指摘します。 詳細については、Facebookのプライバシーポリシーを参照してください。https://www.facebook.com/about/privacy/カスタムオーディエンスを介してデータを収集しない場合は、このページの下部にあるFacebookピクセルを無効にすることができます。

 

7。 Facebookのビジターアクションピクセルによるコンバージョン測定

お客様の同意を得て、当社のウェブサイト上のFacebook Inc.、1601 S. California Ave.、Palo Alto、CA 94304、USA(以下「Facebook」)の「ビジターアクションピクセル」を使用します。 その助けを借りて、Facebookの広告を見たりクリックしたりしたユーザーの行動を追跡できます。 これにより、統計や市場調査の目的でFacebook広告の有効性を追跡することができます。 このようにして収集されたデータは、私たちにとっては匿名です。つまり、個人ユーザーの個人データは表示されません。 ただし、このデータはFacebookに保存され、処理されます。 FacebookはFacebookのデータ使用ポリシーに従って、このデータを自分のFacebookアカウントと、また自分の広告目的のために接続することができますhttps://www.facebook.com/about/privacy/。 Facebookとその関連会社がFacebook内外の広告を表示できるようにすることができます。 また、これらの目的のために、コンピュータ上のクッキーとして保存することもできます。

この同意は、16歳より古いユーザーによってのみ宣言されることがあります。 あなたが若い場合は、保護者に助言を求めるようにお願いします。

 

VI。  ニュースレター

 

1。    データ処理の説明と範囲

 

私たちのウェブサイトでは、無料のニュースレターを購読することができます。 ニュースレターにサインアップすると、入力マスクのデータ、特にユーザーの電子メールアドレスがGoogleに送信されます。

 

 

さらに、登録時に以下のデータが収集されます。

 

  • 呼び出し元のコンピュータのIPアドレス
  • 登録日時
  • 姓名

データの処理に関しては、登録プロセス中にお客様の同意が得られ、このプライバシーポリシーが参照されます。

 

 

 

当社のウェブサイト上で商品やサービスを購入し、電子メールアドレスをここに入金した場合は、その後当社のニュースレターの送信に使用することができます。 そのような場合、ニュースレターはあなた自身の類似の商品またはサービスのダイレクトメールのみを送信します。

 

ニュースレターの送信に関するデータの処理に関連して、第三者へのデータの開示はありません。 データは、ニュースレターの送信専用に使用されます。

 

 

 

2。    データ処理の法的根拠

 

ユーザーがニュースレターに登録した後のデータ処理の法的根拠は、ユーザーの同意です。 6 para。 1が点灯します。 GDPR。

 

 

商品やサービスの販売の結果としてニュースレターを送るための法的根拠は、7 Absです。 3 UWG。

 

3。    データ処理の目的

ユーザーの電子メールアドレスの収集は、ニュースレターの配信に役立ちます。

 

 

登録プロセスのコンテキストにおける他の個人データの収集は、使用されたサービスまたは電子メールアドレスの悪用を防止するために役立ちます。

 

4。    保管期間

データは収集の目的で不要になった時点で削除されます。 したがって、ニュースレターの購読が有効である限り、ユーザーの電子メールアドレスは保存されます。

 

 

登録プロセス中に収集されたその他の個人データは、通常、7日後に削除されます。

 

5。    異議と除去可能性

ニュースレターへの購読は、関係するユーザーによっていつでも終了することができます。 この目的のために、各ニュースレターに対応するリンクがあります。

 

これにより、登録プロセス中に収集された個人データの保管に対する同意の取り消しも可能になります。

 

 

VII。  登録

 

1。    データ処理の説明と範囲

当社のウェブサイトでは、ユーザーに個人情報を提供することにより登録する機会を提供しています。 データは入力マスクに入力され、当社に送信されて保存されます。 第三者へのデータ転送は行われません。 登録プロセス中に、以下のデータが収集されます。

 

名、姓、住所、Eメールアドレス、電話番号。

 

登録時には、以下のデータも保存されます。

 

  • ユーザーのIPアドレス
  • 登録日時

登録プロセスの一環として、このデータを処理するためのユーザーの同意が得られます。

 

2。    データ処理の法的根拠

データの処理のための法的根拠は、ユーザーArtの同意がある場合に限ります。 6 para。 1が点灯します。 GDPR。

'

登録が、ユーザーが当事者である契約の履行または契約前措置の実施に役立つ場合、データの処理に関する追加の法的基盤はArtです。 6 para。 1が点灯します。 b GDPR。

 

3。    データ処理の目的

ユーザーとの契約を締結しない登録の場合:

 

ニュースレターの購読、顧客の口座など、当社のウェブサイト上に特定のコンテンツおよびサービスを提供するには、ユーザーの登録が必要です。

 

ユーザーとの契約を締結する登録の場合:

 

ユーザーの登録は、ユーザーとの契約を履行するため、またはメンバーシップの登録や製品のオンライン購入などの事前契約上の措置を取るために必要です。

 

4。    保管期間

データは収集の目的で不要になった時点で削除されます。

 

ユーザーとの契約を締結しない登録の場合:

 

これは、当ウェブサイトの登録が取り消されたり変更されたりする登録プロセス中に収集されたデータの場合です。

 

ユーザーとの契約を締結する登録の場合:

 

これは、契約の履行のための登録手続中、または契約履行のためにデータがもはや必要でない場合には契約前措置の履行の際に当てはまる。 契約締結後であっても、契約上または法的な義務を遵守するために、契約当事者の個人データを保存する必要がある場合があります。

 

5。    異議と除去可能性

ユーザーはいつでも登録をキャンセルすることができます。 あなたは、ニュースレター登録などのためにいつでもあなたについて保存されたデータを変更することができます。

 

データが契約を履行するために必要な場合、または契約前の措置を実行する場合、契約上または法的な義務が削除を妨げない限り、データの早期削除が可能です。

 

 

VIII。  お問い合わせフォームと電子メールの連絡先

 

1。        データ処理の説明と範囲

当社のウェブサイトには、利用可能な連絡フォームがあり、電子連絡に使用することができます。 ユーザがこのオプションを受け入れると、入力マスクに入力されたデータが当社に送信され、保存されます。 これらのデータは次のとおりです。

 

件名、姓名、電子メールアドレス、電話番号、およびコメントフィールド。

 

メッセージの送信時には、次のデータも格納されます。

 

  • ユーザーのIPアドレス
  • 登録日時

送信プロセスのコンテキストでデータを処理するために、お客様の同意が得られ、このプライバシーに関する声明を参照します。

 

または、提供された電子メールアドレスを使用した連絡が可能です。 この場合、電子メールで送信されるユーザーの個人データが保存されます。

 

この文脈では、第三者にデータを渡すことはありません。 データは、会話を処理するためにのみ使用されます。

 

2。    データ処理の法的根拠

データの処理のための法的根拠は、ユーザーArtの同意がある場合に限ります。 6 para。 1が点灯します。 GDPR。

 

電子メールを送信する過程で送信されるデータの処理の法的根拠はArticle 6(1)litです。 f GDPR。 電子メールの連絡先が契約締結を目的としている場合は、処理の追加法的根拠がArtです。 6 para。 1が点灯します。 b GDPR。

 

3。    データ処理の目的

入力マスクからの個人データの処理は、コンタクトを処理するためだけに役立つ。 電子メールによる連絡の場合、これにはデータの処理に必要な正当な関心事も含まれます。

送信プロセス中に処理されるその他の個人データは、連絡フォームの誤用を防止し、当社の情報技術システムのセキュリティを保証するのに役立ちます。

 

4。    保管期間

データは収集の目的で不要になった時点で削除されます。 連絡フォームの入力フォームと電子メールで送信された個人データについては、ユーザーとのそれぞれの会話が終了した場合です。 関連する事実が最終的に明らかになったという事実から推論することができれば、会話は終了する。

 

送信プロセス中に収集された追加の個人データは、遅くとも7日後に削除されます。

 

5。    異議と除去可能性

ユーザーは、いつでも個人データの処理に同意する可能性があります。 ユーザーが電子メールで当社に連絡する場合、ユーザーはいつでも自分の個人情報の保管に異議を申し立てることができます。 このような場合、会話は続行できません。 矛盾は書面でなければならない。

 

この場合、連絡先に保存されているすべての個人データは削除されます。

 

 

IX。  関係者の権利

 

あなたが個人データを処理した場合、あなたはGDPRの意味で関係者であり、責任者には以下の権利があります。

 

1。    情報への権利

お客様の個人情報が当社によって処理されているかどうかを担当者に確認することができます。

そのような処理が利用可能な場合は、担当者から次の情報についての情報を要求することができます。

(1)      個人データが処理される目的。

(2)      処理されている個人データのカテゴリ。

(3)      あなたに関連する個人データが開示された、または開示されている受信者の受信者またはカテゴリ。

(4)      あなたの個人データの保存期間の予定、または特定の情報が利用できない場合は、保存期間の決定基準。

(5)      あなたに関する個人情報の修正または削除の権利、コントローラによる処理の制限の権利、またはそのような処理に異議を申し立てる権利。

(6)      監督当局への上訴の権利の存在。

(7)      個人データがデータ主体から収集されない場合には、データのソースに関する利用可能なすべての情報、

(8)      第22条(1)および(4)GDPRに基づくプロファイリングを含む自動意思決定の存在、および少なくともこれらの場合には、関与する論理に関する意味のある情報、およびそのような処理のデータ対象への意図される影響。

お客様は、お客様の個人情報が第三国または国際機関に関連するかどうかについての情報を要求する権利を有します。 これに関連して、あなたはに基づいて適切な保証を要求することができます。 アート。 転送に関連する46 GDPR。

このアクセス権は、研究の実現または統計目的に不可能または重大な影響を及ぼす可能性があり、研究または統計目的の実施に制限が必要な程度に制限される場合があります。

 

連邦データ保護法によれば、保存されたデータに関する情報を自由にする権利と、このデータの修正、ブロックまたは削除の権利があります。 たとえば、次の電子メールアドレスで質問することができます。サポート

 

欧州委員会は、ODR規制第14条(1)に従って、オンライン紛争解決プラットフォーム(OS)を提供しています。http://ec.europa.eu/consumers/odr/

 

2。    整流の権利

あなたが処理する個人データが間違っているか不完全である場合、あなたはコントローラへの修正および/または完了の権利があります。 責任者は遅滞なく修正を行わなければなりません。

その是正の権利は、研究の実現または統計的目的に不可能または重大な影響を及ぼす可能性がある程度に制限され、研究または統計目的の実施には制限が必要である。

 

3。    処理制限の権利

お客様は、以下の条件の下で、お客様の個人データの処理の制限を要求することができます。

(1)      コントローラがお客様の個人情報の正確性を確認できるように、お客様の個人情報の正確性に争う場合。

(2)      処理は違法であり、あなたは個人データの削除を拒否し、代わりに個人データの使用の制限を要求します。

(3)      コントローラは処理の目的で個人データを必要としなくなりましたが、法的主張を主張し、行使し、守るためにそれを必要とします。 または

(4)      アートに従った処理に異議を唱えた場合。 21(1)GDPRであり、責任者の正当な理由があなたの理由よりも重要かどうかはまだ明確ではありません。

あなたの個人情報の処理が制限されている場合、このデータは、あなたの同意を得て、または法的主張を主張し、行使し、防御したり、他の自然人または法人の権利を保護したり、重要な公益上の理由連合または加盟国。

上記の条件に従って処理の制限が制限されている場合は、制限が解除される前に担当者が通知します。

処理の制限の権利は、研究の実現または統計的目的に不可能または重大な影響を及ぼす可能性がある程度に制限され、研究または統計目的の実施には制限が必要である。

 

4。    キャンセル権

 

A)    削除義務

お客様の個人情報を遅滞なく削除するようコントローラに要求することができ、次のいずれかに該当する場合、コントローラはその情報を直ちに削除する必要があります。

(1)      お客様の個人情報は、収集または処理される目的のために必要なくなりました。

(2)      あなたは、あなたの承諾を取り消します。 アート。 6 para。 1が点灯します。 またはアート。 9 para。 2が点灯します。 GDPRに基づいており、処理のための他の法的根拠はない。

(3)      による。 アート。 21 para。 1 GDPRは処理に異議を申し立て、処理の正当な正当な理由はありません。 アート。 21 para。 2 GDPR処理に対する反対。

(4)      あなたの個人情報は不法に処理されています。

(5)      あなたに関する個人情報の削除は、連合法または管理者が対象となる加盟国の法律に基づいて法的義務を履行することを要求されるものとします。

(6)                  あなたの個人情報は、アートに基づいて提供される情報社会サービスに関して収集されました。 8(1)GDPR。

 

B)    情報を第三者に提供する

担当者がお客様に関する個人情報を公開し、 GDPR第17条(1)において、利用可能な技術と実施コストを考慮して、影響を受けると特定された個人データを処理するデータ・コントローラに、技術的手段を含む適切な措置を講じて、全員の削除を要求する者かかる個人データまたはそのような個人データのコピーまたは複製へのリンク。

 

C)    例外

処理が必要な場合、消去権は存在しません

(1)      表現と情報の自由の権利を行使する。

(2)      コントローラが対象とする連邦または加盟国の法律に基づいて処理することを要求する法的義務を履行するため、または公益目的の業務の履行のために、またはコントローラに与えられた公的権限の行使のために、

(3)      芸術に従った公衆衛生の分野における公衆の関心のために。 9(2)が点灯します。 hと私とアート。 9(3)GDPR;

(4)      公的利益、科学的または歴史的研究目的、または統計的目的のアーカイブ目的のために、 (a)で言及された法律が、その処理の目的の達成を不可能または深刻に影響する可能性がある範囲で、GDPR第89条(1)

(5)      法的主張を主張し、行使し、擁護する。

 

5。    情報への権利

あなたが整理、削除、または処理の制限をコントローラに与えた場合、次の場合を除き、個人データがこの訂正またはデータの削除または処理の制限について開示されているすべての受領者に通知する義務があります。不可能であることが判明したり、不公平な努力を伴います。

あなたは、これらの受領者について通知を受ける責任がある人物に権利があります。

 

6。    データの移植性

お客様は、コントローラに提供された個人を特定できる情報を、構造化された一般的かつ機械読み取り可能な形式で受け取る権利を有します。 さらに、お客様は、個人データの提供担当者がこのデータを他人に譲渡する権利を有します。ただし、

(1)      同意の上での処理。 アート。 6 para。 1が点灯します。 GDPRまたはArt。 9 para。 2が点灯します。 GDPRまたは契約書に基づく。 アート。 6 para。 1が点灯します。 b GDPRはベースであり、

(2)      処理は自動化手段によって行われる。

この権利を行使する際には、技術的に実現可能であれば、お客様に関する個人情報が、ある人から別の人に直接伝達されることを得る権利もあります。 他人の自由と権利は影響を受けない。

データ可搬性の権利は、公共の利益のために、またはコントローラに委任された公的権限の行使に必要な個人データの処理には適用されない。

 

7。    反対する権利

あなたは、あなたの特定の状況から生じる理由により、アートに基づくあなたの個人データの処理に対していつでも権利を有します。 6 para。 1が点灯します。 eまたはf GDPRは異議を唱える。 これらは、これらの規定に基づくプロファイリングにも適用されます。

コントローラは、あなたの利益、権利および自由を上回る処理のために説得力のある正当な根拠を示すことができないか、法的要求を実施、行使または防御する目的での処理ではない限り、あなたに関する個人データを処理しません。

お客様に関連する個人データがダイレクトマーケティングの目的で処理される場合、お客様はいつでもそのような広告の目的でお客様の個人情報を処理することに異議を申し立てる権利を有します。 これは、そのようなダイレクトメールに関連している限り、プロファイリングにも適用されます。

ダイレクトマーケティングの目的で処理することに異議を唱えた場合、お客様の個人情報はこれらの目的のために処理されなくなります。

2002 / 58 / EC指令にかかわらず、情報社会サービスを使用するという文脈において、技術仕様書を使用する自動化された手続きにより異議を申し立てる権利を行使することができます。

また、あなたは、あなたの特定の状況から生じる理由のために、科学的または歴史的研究目的で、または統計的目的のために、あなたに関連する個人データを処理する権利を有します。 アート。 89 para。 1 GDPRは矛盾する。

その異議申立権は、研究または統計目的の実現に不可能または重大な影響を及ぼす可能性があり、研究または統計目的の実施に制限が必要である限り、制限される可能性がある。

 

8。    データ保護同意宣言を取り消す権利

お客様は、いつでもデータ保護宣言を取り消す権利を有します。 同意の取消しは、取消しまでの同意に基づいて行われる処理の合法性に影響を及ぼさない。

 

9。    プロファイリングを含むケースバイケースの自動決定

プロファイリングを含む自動処理のみに基づいて、法的効力を有するか、同様の方法で同様の影響を与える決定に従わない権利があります。 この決定は、

 

(1)      あなたとコントローラーとの間の契約の締結や履行に必要です。

(2)      コントローラが対象とする連合または加盟国の法律によって許可されており、そのような法律には、あなたの権利と自由と正当な利益を守るための適切な措置が含まれている場合、または

(3)      あなたの明白な同意を得て

ただし、これらの決定は、アートの下での個人データの特別なカテゴリに基づいてはならない。 9(1)GDPR、Art。 9(2)が点灯します。 権利と自由とあなたの正当な利益を保護するための合理的な措置が取られています。

 

責任者は、(1)および(3)に言及された事例に関して、少なくとも、コントローラーによる人の介入を得る権利を含む、権利と自由と正当な利益を守るための適切な措置を講ずるものとし、自分の立場を表明し、決定に挑戦して聞いた。

 

10。  監督当局に不平を言う権利

他の行政上または司法上の救済措置を損なうことなく、あなたは、監督当局、特にその住居の加盟国、仕事場または侵害の疑いのある場所に、個人あなたに関するGDPRに違反しているデータは違反しています。

 

苦情が提出された監督当局は、GDPR条78に基づく司法救済の可能性を含めて、告訴の状況および結果を告訴人に通知しなければならない。